今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

日野皓正、中学生を往復ビンタに物申す!!

ニュース

日野皓正、中学生を往復ビンタに物申す!!
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

すでに多くの方が聞き及んでいると思うが、なんとも衝撃的なニュースが耳に飛び込んできた。 あのジャズ・トランペッター、日野皓正氏が、中学生の髪をひっつかんで往復ビンタをはたいたというのだ!???

それは、8月20日、せたがやこどもプロジェクト2017開催の、世界的ジャズ・トランペッター日野皓正と、世田谷区立中学生によるビッグバンド「Dream Jazz Band (通称:ドリバン)」のジャズコンサートで起きた。
コンサートの見せ場、各メンバーのソロパートのところで、ドラムをたたく少年が、自分の持ち時間を過ぎても演奏を辞めなかったため、日野氏が止めに行った際、一度で注意を聞かなかった少年に対し、髪をつかんで往復ビンタを施したというもの。
Youtubeでもその際の映像が流され、芸能界各界の人物が、賛否両論述べるなか、私的に、ちょっと大事なことを見落としているような気がして、この記事を書いている。


この、せたがやこどもプロジェクト「Dream Jazz Band Workshop」は、2005年にスタートし、今年で13年目を迎える、なかなか歴史あるイベントで、2日間にわたり開催されるコンサートでは、1日目が、日野を中心に結成されたメンバーでの『日野皓正 Quintet Live』、2日目が、公募により集まった世田谷区立中学生たちが演奏する『Dream Jazz Band 13th Annual Concert』となっている。
Jazzといえば、その時のノリでアドリブを効かせたセッションが何より魅力で、そこにそれぞれのJazz Manのテクニックが浮き彫りになる、まさにソウルを感じる音楽なのだが、中学生の間にそれに直に触れられるという、大変に有意義で、刺激的な企画であることは間違いがないだろう。


果たして、そんな素敵なイベントの中で、いったい何が不足していてこんなことがおきたのか?あえて不足している部分にフォーカスしてみよう。

世田谷区教育委員会の見解

日野氏の行動は行きすぎた指導であり、今後は改めていただくようお伝えしています。 日野氏の事務所とは、今後も事業を実施するために話し合う機会をもつ予定です。
なを、教育委員会としましては、今回の件について、重く受け止め、「新・才能の芽を育てる体験学習」の趣旨に沿った事業運営をとなるよう運営に努めてまいります。

とし、暴行問題の解決を目指し、それが実現した場合は、来年以降もコンサートを続けたいとの意向を示している。
この日、保坂展人区長もコンサート会場にいたが、暴行の場面は中座していたため見ていなかったそうだ。

日野皓正の行動

本番中、本人のソロの持ち時間より長くなっていることを注意しに、日野氏がステージへ上がっていき、少年のスティックを取り上げて放り投げた。
が、ドラマーはまだ手で叩き続け、日野氏がドラマーの髪の毛を摑み、往復ビンタをはたく。すると少年は、日野氏を睨み据えた様で、日野氏は少年に向かって、
「なんだ、その顔は!」と罵倒している。

その中学生について

日野氏にビンタされた中学生については、そのお父さんが明るく話しているが、根っからのドラム好きな少年のようで、「昨年から参加して、昨年も日野さんに怒られていたので、今回もまたやらかしたなと思いました。」、「今回のことがあっても、ドラムは一生引き続けるでしょう」とのこと。

プロの間では、この少年の才能は、天才だと高く評価するに値するものだそうで、
同じJazz Menの間では、誰もが陥るトランス状態だっただけ、それを止める術も用意するべきとの反応も多い。

気になること

実は私には、ADHDの息子がいるが、彼らは、自分が夢中になれるものにたいしては、ストッパーが一切聞かないという特徴がある。
その代わり、夢中になれるものに向かった時の集中力とその才能は、凡人には図りしれないものを秘めており、まさに『天才』という言葉がぴったりだ。

.....何が言いたいかわかるだろうか?
そいう息子を持つ私から見ると、中学生がゆえに、強いトランス状態のコントロールができないということも視野に入れてもなお、こんなことをいってしまうと大変にご本人とご両親には失礼なのかもしれないが、少年が、いわゆる『発達障害』にも似た強い個性を、ふんだんに持っているのではないかと思われるのだ。

発達障害を理解する上での難しさは、その障害が見た目からは分かりにくいことにあります。本人は悪気がなく行動しているつもりでも、「衝動的でわがままだ」「人の話を聞けない変わった人だ」などと誤解を受けたり、「本人の努力不足」や「親のしつけの問題」などと誤った解釈や批判を受けたりすることも少なくありません。

出典 http://h-navi.jp


『発達障害』という言葉でくくってしまうのは、実際『発達障害』という診断を受けているとしても、ちょっと違う。それは、それぞれの個性が、早くから顕著に出現しているに過ぎず、実は誰もが持っている側面だ。 夢中でドラムをたたいてて、トランス状態に入る....それも同じ側面を持つといえるだろう。

また、誰しも成長の過程で、
・何をどうしなければならないのか
・今、何を先にするべきなのか
・今、何を理解できているべきなのか
・一般常識とは何ぞや
・人の気持ちに立って考える
・自分を大切にする

等々、さまざまなことを自然に学んでいく。
ここでのポイントは、「自然に」というところ。
通常は、その経験の中で、それまでに自分の中に蓄積されているいろいろな言葉や知識とつながって、「自然に」、理解していける。
が、実は、多くの場合、その人、あるいはその子供の感覚と知能により、すんなり理解できる部分と理解できない部分がある。 まさにそれを「個性」と呼ぶのだが、それぞれの理解度に合わせて、時にはかみ砕き、箇条書きにされたそれを読みあげるがごとく、1~10まで細かく説明しながら話してやることが必要な時があるはずだ。
『発達障害』の子供たちに話しかける時は、その技術が必要とされる。
そして、まさにそれと同じ状況は、いわゆる普通の子供や大人においても起きることである。


今回のこの少年との付き合い方

ご両親は、この少年のことはよくわかっておいでのはずだ。
今回のような状況になりうることもわかっていたはずだ。だって、産まれた時から、少年の個性を十分に観察し、理解しているはずだから。
前述のお父さんのお話でも、少年が、自分でバンドを動かしたかったんだろうとのことおっしゃっておいでだったが、もし仮にただそれだけの気持ちなら、スティックを取り上げられてもなお、手でたたき続けることはしなかっただろう。

おそらくは、今回の出来事は、予想がついたことではないのだろうか?
この少年の特性を理解していれば、あらゆる場面を想定し、(A)の場合は①・②・③、(B)の場合は④・⑤・➅、そして(C)の場合は⓻・➇・⑨.....というように、事前に想定し、話し合い、説明し、本人に、その状況と自分がなすべきことについて、もっともっと、理解を深めた状態で、その場に臨ませることができたはずだ。

まとめ

ジャズは楽器が用意されているのを見るだけで、そのセピア間にわくわくするものだ

はっきり言って、今回の出来事は、
「あの日野氏にしては ドン臭かったな...」
という感を否めない。
申し訳ないが、仮にもアーティストなら、もっと見えない部分を感じる感受性が優れ、さらに磨かれているはずだ。
あの場面であの方法しか取れなかったことは十分に理解できるが、この少年と、昨年来の付き合いなのであれば、日野氏には、彼の中の見えない部分をも感じ、共有し、そして、感性豊かに誘導できる人であってもいらいたかった。

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
1
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

カテゴリー

月別アーカイブ

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう